63年ぶりに誕生石の種類が改定されました

日本の誕生石の種類が、63年ぶりに正式改定されました。

2021年12月20日、63年ぶりに改訂されました。
日本の誕生石は1958年にアメリカの宝石商組合が定めた誕生石を基本に制定されたものですが、誕生石は各国の独自の文化に由来し、国によって少しずつ違います。

どの誕生石を基準にするかで、日本国内でも様々な誕生石が混在していました。
全国宝石卸商協同組合、日本ジュエリー協会、山梨県水晶宝飾協同組合が協力し、新たに10種が追加され、「統一された日本の誕生石」として生まれ変わりました。

引用:63年ぶりの誕生石改定(Birthstone公式サイト)

最新の誕生石の種類について、以下の記事で詳しくまとめました。

TOP